メジャー帰り大好き!メジャー帰り選手の獲得球団ランキング!

baseball-771963_1920

川崎宗則のNPB復帰がうわさされていますが、過去のメジャーリーグ(マイナー含む)経験者はどこの球団が獲得したのでしょうか?

少し前に2ちゃんねるでもまとめられていたみたいですが、集計方法が少し違いますので、日本人選手のメジャーリーグ挑戦 – Wikipedia、に記載されている選手を対象として、ランキングしてみます。

メジャー契約をしたものの、メジャー出場をしていない中島裕之や、日本で教育を受けずにメジャーリーガーとなったマイケル中村などは含みません。

スポンサーリンク
レクタングル(中)広告

メジャー帰り選手獲得球団ランキング

1位(6人) オリックス

メジャーを経験していない中島裕之を除いても、井川慶・田口壮・吉井理人・マック鈴木・中村紀洋・木田優夫(1回目)と、最多の6人です。

お世辞にも獲得した選手が活躍したとは言えない状況です。

2位(5人) 阪神・楽天

阪神は、伊良部秀輝・城島健司・福留孝介・西岡剛・建山義紀。

楽天は、松井稼頭央・藪恵壹・斎藤隆・岩村明憲・福盛和男。

どの選手も全盛期に比べ、大きく力を落としていますが、オリックスに比べれば比較的活躍している印象です。

4位(4人) ソフトバンク・日本ハム

ソフトバンクは、南海時代の村上雅則も含めました。他に、岡島秀樹・松坂大輔・五十嵐亮太がいます。

日本ハムは、新庄剛志・野村貴仁・多田野数人・田中賢介の4人。

活躍した人としない人が両極端です。

6位(3人) ヤクルト・DeNA・ロッテ

ヤクルト、木田優夫・石井一久・高津臣吾。

DeNA、大家友和・佐々木主浩・高橋尚成。

ロッテ、小宮山悟・井口資仁・薮田安彦。

元の球団に戻った選手が多いです。井口資仁の活躍が光ります。

9位(2人) 巨人・広島

巨人、柏田貴史・小林雅英。

広島、黒田博樹・高橋建。

巨人はあまりメージャー帰りに興味はないようです。小林雅英の失敗もあり慎重になっているのでしょうか。

11位(1人) 中日

出戻りの川上憲伸のみです。

12位(0人) 西武

西武はメジャーに放出はたくさんしているものの、獲得はしていません。

まとめ

選手としてのピークを過ぎてから日本に復帰する選手が多いので、年俸に見合った活躍をする選手はごく一部にですね。

復帰一年目に成績を残しても、すぐに下降線をたどる選手が多いのは、メジャーを経験したからというより、年齢による衰えが大きいのでしょう。

川崎選手はソフトバンクに復帰してもレギュラーになるのは厳しそうですが、他の球団ならまだまだやれそうなので、ソフトバンク以外の球団に行ってほしいものです。

スポンサーリンク
レクタングル(中)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(中)広告