車を下取りに出してはいけない理由をまとめてみた!

fiat-1754723_640

来年初めに車検を迎える車をどうしようかといろいろ調べていたら、車を下取りに出すと損をしてしまうという情報がたくさん出てきます。

新車を購入するなら、下取りの方が楽ちんだと思うのですが、なぜ下取りではいけないのか?

いろいろ調べた結果をまとめてみます。

スポンサーリンク
レクタングル(中)広告

下取りは損?!ってみんな言うけど…

下取りは損?

どうしてディーラーで車を下取すると損なのか?

車を下取りに出す前に確認しておきたいこと

等々、少し検索するだけでたくさん出てきます。

多くのサイトで共通して言われていることは、大きく分けると以下の2つです。

下取りでは、車をしっかりと査定しない

そもそも下取りとは、新車を買う時にディーラーが古い車を引き取ってくれるものです。

そのディーラーは、車の販売のプロであって、査定のプロではありません。

そのため、下取りにあたっては、車種・年式などから、機械的に査定表を使って金額をはじき出すようです。しかもその金額は、かなり抑えめになっているとのこと。

下取りをした車は、業者専門のオークションで転売されますが、相場が変化したとしても、確実に利益が出る金額に抑えるようです。

商売なので、利益を確保するのは当然ですが、やはり買取を専門にしているわけではないので、中古車市場に精通しておらず、大雑把な、低めの査定になるようですね。

買取業者の方が高く買い取ってくれる

ディーラーが中古車のプロではないのなら、プロの業者に買い取ってもらった方が高く売れるんじゃないかということです。

買取業者は、中古車の価値をよく把握しています。

例えば、トヨタの「ハイエース」などは、素人には商用の普通の車に思えますが、とても需要の高い車で、高価買取が期待できる車種らしいです。

こういった、素人にはわからない中古車の需要を把握している買取業者は、機械的に下取りをするディーラーに比べて、きめ細かい査定をして、結果として高く売れることが多いようです。

結局どうすれば高く売れるのか?

車を下取りに出してはいけない理由を簡単にまとめると、以上のようになります。

では、どうやったら高く売れるのか?

答えは単純で、買取業者同士で競わせればよいということでした。

《ズバット車買取比較》最大10社無料一括査定

以上のような、一括査定サイトを利用すれば、住んでいる地域の買取業者にまとめて査定を依頼することができます。

似たようなサイトは多数あるので、好きなサイトから一括査定をすればいいみたいです。

まとめ

以上のように、基本的には、複数の買取業者に査定を依頼して、金額を競わせれば、下取りよりは高く売れるようです。

ただ、買取金額がつかなかった場合などは、下取りの方がお得になる場合もあるみたいですね(ディーラーが無料で廃車にしてくれたり、新車購入の値引きをしてくれたりする)。

買取の一括査定と、下取りの金額を両方聞いておけば、車の下取りで損をすることはなさそうです。

スポンサーリンク
レクタングル(中)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(中)広告