【プロ野球】各チームの5年・10年通算成績(パ・リーグ編)

スポーツ
スポンサーリンク

前回のセ・リーグ編に続き、今回はパ・リーグ編です。

パ・リーグ

5年成績(2012~2016年通算)

試合数勝利敗北引分勝率勝差得点失点本塁打盗塁打率防御率
ソフトバンク71839129730.54530072483545556.26723.13
日本ハム71837732021.52518.528712671541602.25763.38
ロッテ71834734823.4832927712873416367.25653.68
西武71834235125.476429102871553444.25663.62
楽天71833236719.4621326752874413419.25423.68
オリックス71832137522.4479.525582705454451.25123.46

10年成績(2007~2016年通算)

試合数勝利敗北引分勝率勝差得点失点本塁打盗塁打率防御率
ソフトバンク143876661458.5335926518911031186.26653.28
日本ハム143875764140.52618571352179851088.26063.35
西武143870069345.48754.5610458731293983.26033.71
ロッテ143868770249.4781158225853957786.25843.75
楽天143866973435.4652554835865874920.25843.74
オリックス143865274541.45314543857561065705.25713.68

パ・リーグでもチームの戦力は固定化されているようで、10年通算成績と5年通算成績で順位が変わったのは、3・4位のロッテと西武だけでした。

1位のソフトバンクは、厚い選手層で盤石

10年通算で18ゲーム、5年通算で18.5ゲーム、2位に差をつけて堂々の1位でした。

5・10年ともに防御率・失点がトップで、盤石の投手陣であることがわかります。

野手も打率はトップ、本塁打・盗塁も2位以内でスキがありません。

特にここ5年の打率は他を引き離していて、投打ともに選手層が厚いことがわかります。

今後もしばらくは、常に優勝を狙える戦力をキープしそうです。

2位の日本ハムは、野手が力をつけてトップを狙う

10年通算成績では3位に54.5ゲーム差、5年でも29ゲーム差をつけ、ソフトバンクとの2強を形成しています。

防御率・失点は2位、打線の指標も打率が2位、盗塁は2位→1位、10年通算で4位だった本塁打が、トップと差がない3位、それに伴い得点も4位→3位となりました。

安定した投手陣に、野手が他チームに比べ相対的に力をつけたことで、3位以下のチームとの差が広がってきています。

ソフトバンクとの戦力差はまだありますが、今後の戦略次第では逆転もありうるレベルになってきています。

3位ロッテは、試合上手

2強4弱のパ・リーグで、5年成績で3位になったのはロッテでした。

10年成績で西武とは11ゲーム差でしたが、5年では逆転し4ゲーム差をつけました。

防御率・失点は10年通算6位から、5年では最下位と差のない5位。

打率は4位、盗塁は5位→6位、本塁打は4位→5位と、すべてのチーム成績がBクラスです。

3位から6位の戦力が拮抗しているとはいえ、チーム成績に比して順位が高いのは、うまく試合をしているということが言えます。

4位西武は、恥ずかしい順位

5年通算成績で、ロッテと4ゲーム差の4位となったのは、10年3位だった西武です。

防御率・失点は4位、打率3位・本塁打は1位、盗塁は4位→3位です。

特に5年通算成績では、すべてのチーム成績でロッテを上回りながら順位は下になっていて、かなり恥ずかしい状態です。

少し前の広島のように、チーム成績はそこそこなのに順位が伴っていないという状態で、監督の采配など、チームスタッフに問題がありそうです。

5位楽天は、低空飛行中

4位には10年で25ゲーム差、5年で13ゲーム差の5位は楽天でした。

全ての指標がBクラスで、特に本塁打は6位。盗塁も4位→5位と、長打力も機動力もなく、すべてが低レベルな状態です。

それでもオリックスより上の5位になったことは、我慢強く勝ちを拾っていると言えそうですが、大幅な改革が必要なようです。

6位オリックスは、情けない限り

セ・リーグでは、ほぼ防御率・失点の順に順位が決まっていたのですが、パ・リーグはそうなっていません。

オリックスは、防御率・失点が3位であるにもかかわらず、最下位というかなり特殊な例です。

打線の指標も、打率は最下位ですが、本塁打は3位→4位、盗塁は4位→5位となっていて、決して最下位に終わるような成績ではありません。

ある程度の投手力があるにもかかわらず、これだけ順位が低いのは、采配やチームマネージメントに問題があるようで、チームを根幹から変える必要があると思われます。

まとめ

セ・リーグに比べ、わかりやすい2強4弱の構図となりました。

連続Bクラスの記録を持つホークスと、Bクラス常連だったファイターズが、ここ10年では2強を形成しているのは興味深いところです。

一方で、団子状態の4弱の中でも、チーム力に比して順位が高いロッテ・楽天と、チーム成績が勝利に結びついていない西武・オリックスに分かれるようです。

ロッテ・楽天は、純粋にチーム力を強化することが必要だと思いますが、西武・オリックスはフロントを含めたチームの改革が必要だと感じられました。

スポンサーリンク
スポーツ 野球
スポンサーリンク
hayoをフォローする
暇なのでいろいろと…

コメント

タイトルとURLをコピーしました